住宅のエクステリアデザインを考える|暮らしをクリエイト

住宅

使いやすさとは

一軒家

ユニバーサルデザインとは、誰が使用しても使いやすいデザインの事ですが、人々が生活を送っている様々な場所に存在します。その一つとして手すりがあります。また、ユニバーサルデザインの手すりは自宅などにお得に設置が可能です。

快適に作り変える

男性

住宅の中には、色々なアイテムがあります。それは、椅子、机、カーテン、絨毯等といったものがあります。これらは、室内のインテリアにも大きく関わってくるものです。また、椅子やカーテン等のアイテムによってインテリアが成り立っているのではありません。その他にも、壁紙や床のデザイン、材質によっても大きく影響します。室内のインテリアにとってこのように色々なアイテム、素材、デザインが関係しているように、屋外のインテリアにも同じ事が言えます。そして、屋外のインテリアを作り変えるのが、エクステリアなのです。室内に色々なアイテムがあるように、屋外にも色々な設備があり、それによって住宅の外観や環境が違ってきます。この外観や環境は、エクステリアによってつくりかえる事ができます。それは、外壁塗装、門扉、窓、カーポート、ウッドデッキ、玄関等と実に様々です。エクステリアは、住宅の外観に対するインテリアでもあり、その見た目を大きく変える事もできます。しかし、その他にもそこで暮らす人が快適であるように作り変える事もできるのです。例えば、カーポートをより広くする事によって車の駐車が簡単になります。また、カーポートに設けられた屋根を積雪にも耐えれる頑丈なものにする事により、大切な車を守る事ができます。それと同じ役目を持つのが、手すりです。手すりによって、住宅への出入りがより快適に安全になります。安全になれば安心して建物の出入りをすることが可能です。

日常の生活

男性

住宅は、そのような快適な日常生活が送れるような作りになっています。そんな中でも、外壁塗装を塗り替える作業がエクステリアになっていますが、快適な生活には有効的なものです。

動作をサポートする

一軒家

エクステリアの手すりが住宅などに設置されていれば、高齢者の方で足腰が弱い場合、手すりがある事によって、安全に快適に移動する事ができます。そうすれば、怪我を負う心配もありません。